MESSAGE 代表あいさつ

  • 中小企業で働く人が、
    仕事も人生も楽しくなるように。

     今、日本は人口が減少していくという事象の中にいます。2050年には1億人を割り、2100年には5000万人を割ると予測されています。また政府が推進する働き方改革は、一人ひとりの働く時間を減らし、20世紀のような長時間労働は無くなりつつあります。また世界に目を転じても、ワークライフバランスを重視するというのは世界的な傾向となっています。このように、働く人が減って行く中で、更に働く時間を減らしつつ、サステナブルな社会を構築していく事が今後の日本にとって重要となります。

     私たちラクスは、オープンな技術やクラウドサービスを活用し、日本がかかえるこの大きな問題に取り組んでいます。少ない人数、少ない時間で、これまで以上の成果を上げるためにはITの活用は必須となります。中でも380万社あると言われている中小企業において、ITの活用を進めていかなくてはなりません。というのも日本の大多数の人が中小企業で働いているからです。

     ラクスはこれまでに、延べ50,000社を超えるお客様に自社開発したクラウドサービスを提供してきました。メール共有・管理システムのメールディーラーから始まり、経費精算システムの楽楽精算まで、日々の業務効率化に大きく貢献しています。ラクスの、ラクは「楽」という文字からきています。これは、ITシステムが楽に使えて、中小企業で働く人が仕事も人生も楽しくなるようにという私たちの願いが込められています。

株式会社ラクス 代表取締役
中村 崇則 Takanori Nakamura